ノーローンの審査は最短20分で結果がわかる!

ノーローンの審査はフリーターでも通る?

ノーローンの審査_フリーター

ノーローンの審査は、安定して収入が入ってくる方であれば大丈夫です。つまりフリーターでも、ちゃんとした会社で働いていれば問題ありません。

 

ただし、ノーローンの審査にフリーターが通らない理由として在籍確認ができないということがあります。個人名であなたを呼び出すのが通常です。

 

あまりにも人数がおおいアルバイトの場合、電話をとったひとがあなたのことを知らないということもありえますよね。24時間営業のお店で働いていて、シフトに入っていない時間帯に在籍確認を入れるなど。

 

フリーターの方でノーローンの審査を行う場合には、在籍確認を入れてもらう時間帯に気をつけて下さい。営業時間内であれば、何時に入れてくださいという指定ができます。

 

身内として電話をかけて下さいなど、ある程度のパターンをあなたの方で指定することもできます。その場合は申し込みの時に、備考欄に在籍確認について記入するようにしてくださいね。何も言わないと、そのまま普通通りに在籍確認にすすまれてしまいます。

 

フリーターがカードローンの審査に通らない原因は

フリーターの人でお金に困って、カードローンに申し込んでみて審査に通らない時はいくつかパターンがあります。

 

  • 審査の厳しい会社に申込をしている
  • クレヒスがない
  • 在籍確認ができない

 

審査の厳しい会社に申込をしている件についてですが、銀行系のカードローンはおすすめできません。ノーローンはどうかというと、消費者金融系に属されているのでそれほど審査が厳しくないほうになります。

 

クレヒスがない

 

クレヒス(クレジットヒストリー)がないというのはどのような状態かというと、分割決済の履歴がないことです。クレジットカードだけではなく、携帯代の分割決済もふくまれます。毎月ちゃんと支払っているほど、カードローン及びクレジットカードの審査に通りすくなります。

 

反対に真っ白な状態ということは、いいことのようにも思えますが実はクレヒスというのは5年以上前のものは見ることができません。つまり5年前に自己破産などをした人もクレヒスが真っ白な状態になります。

 

一般的に30代以上の人でクレヒスが真っ白な人であると、自己破産をした人なんじゃないかと警戒されてしまいます。

 

前述しましたが、携帯の分割決済でもクレヒスがつきます。クレヒスがない方は携帯の分割決済を利用してから、クレジットカード及びカードローンに申込をすると通りやすくなります。

 

それからノーローンの審査にフリーターが落ちてしまう理由で在籍確認については、先ほど述べたとおりです。在籍確認大丈夫かなと心配な方は、申込時に備考欄に書いておくなどして対策をとってくださいね。

 

ノーローン_ボタン